和極-wagoku-へようこそ!

日本人が古来愛するものを知る

eb042c2bec67640949db4dbed8953322_s日本は国土面積こそさほど大きくないものの、多様な自然環境が存在しているために、バリエーション豊かな食べ物、服、芸能などが発展してきました。
日本人が本来持つ、どんなことでも究極を目指して、最良のものを作り上げるという精神が活かされていて、どんな分野においても最高峰の質を保っています。

たとえば、和食や和菓子などは、その味や見た目の素晴らしさに注目が集まり、日本のみならず世界中で高い評価を集めています。和食などは、ユネスコの無形文化遺産に登録されるほど、世界の中で貴重な食文化となっていて、その質の高さに圧倒されます。・

また、和服の美しさは時代も国も超えて、人々に愛されるものとなり、多くの愛好家が存在します。
音楽や演劇などの芸能面においても、日本は独特の文化を創り上げてきました。
能や狂言などの芸能は、一般の人にはあまり馴染みがないとはいえ、庶民の娯楽として発展した過去を持ち、日本人の美意識や心の支えとなってきました。

西洋文化の影響によって、一般的にはあまり見られなくなっているものが多いものの、和服のように特別な時には好んで着られることもあり、日本人の心の奥底にしっかりと息づいていることが分かります。

深い精神性を求めるのが日本文化の特徴

そして、日本文化を象徴するのが、道という考え方でしょう。
花を生けるのにもお茶を飲むのにも、単なる作法や技術を培うだけでなく、そこに深い精神性を求め、人の心の向上を目的とするのです。
こうした精神があるため、茶道や華道を通じて、茶器や花器などの芸術性が一気に高められ、芸術作品が次々と生まれていくことになりました。

また、武道も日本文化の象徴的なものでしょう。
本来敵を倒すという武術であったものが、心身を鍛練しより良い人間になるための修行の機会となりました。
武道にはいくつもの種類があり、体を使って行う空手道や柔道の他に、武器を使用する剣道や抜刀道などがあります。

このサイトでは、それぞれの魅力や歴史を紹介し、いかに日本の中で大きな役割を果たしてきたかを説明しています。
それを見ると、どれも日本人の精神をよく表しているものであることが分かるでしょう。

生活の中に日本の文化を取り入れていく活動

長い歴史によって育まれてきた日本文化ですが、惜しむらくは西洋文化の影響によって、現在さほど生活の中で目を向けられることが多くなくなっているということです。
こうした状況を打破するために、日本文化の良さを再認識する努力が払われています。

和塾というNPO法人は最高峰の日本文化を、経験を通じて学び、その魅力を見直すという活動を行っています。
また、和婚スタイルなどは、神社での挙式プランを提案し、新たな門出を迎える新郎新婦を、和風の結婚式によって応援しています。