童子切安綱

天下五剣の1つ童子切安綱

天下五剣の1つとして、国宝指定をされている日本刀の1つが、童子切安綱(どうじぎりやすつな)です。

童子切と呼ばれることも多く、大包平と共に、日本刀の東西の両横綱とも賞されるほど、非常に優れた名刀として知られています。
現在は、東京国立博物館に寄贈されており、非常に歴史的価値の高い資料として厳重保管をされているのです。

平安時代の大原の刀工、安綱によって作られた太刀、童子切安綱は、長さが80、2㎝、反りは2、7㎝、腰反り高く小切先であることが特長になります。
刃文は混み誰、目釘孔1つ、安綱の二文字銘が切られており、天下五剣にふさわしい存在感、美しさを放っているといえるでしょう。

銘は、安の字よりも、綱の字の方が大きく、綱の字が一寸右に寄せられているのが、手癖として知られています。
享保名物帳にも所蔵されており、鬼丸国綱、三日月宗近、数珠丸恒次、大典太光世と並ぶ天下五剣である事も有名な所です。

源頼光の伝説が名付けの由来

童子切安綱の由来は、かの源頼光によるものとされています。
頼光がこの剣を使い、丹波国大江山の酒呑童子という鬼を斬ったという伝説から、童子切りの異名が付いたとされる説が一般的です。

また他にも、伊勢神宮に奉納して居たこの剣を、夢想によってもらい受けた頼光が、酒呑童子を斬って倒したという説もあるでしょう。

その時の証拠として、童子切の物打ちには鬼の噛みついた痕があるとされていましたが、現在では残って折らず、あくまで仮説として知られています。
来歴においては、この伝説よりも痕に作られたという説もあり、真偽の程は定かではありません。

童子切りはその後、足利将軍家から、豊臣秀吉、徳川家康、秀忠、松平忠直に受け継がれた後、越前松平家の高田藩、津山藩と受け継がれていきました。

童子切は石田正宗の三振の名答として果報とされ、明治に入ってからも、その価値は重要視され続けていき、1933年に、国宝指定をされることとなったのです。
現在の文化財保護法に基づく国法指定の法律が起用されたのは、1951年の事でしたが、その年代から、文化財的価値が認められていたといえるでしょう。

太平洋戦争が終戦した痕は、個人所蔵家の所有となったものの、1962年に現在の文化庁によって買い上げが行われ、東京国立博物館に所蔵される運びとなりました。

このように、現在は国宝指定をされて厳重に保管されている、童子切安綱。
伝来の真偽のほど、名付けの真偽の程は多少不確かではありますが、多くの偉人に託され、愛されてきた刀として知られています。

その価値は現在も変わること無く、鍛えられ、輝かんばかりの刀身が、非常に印象的であるといえるでしょう。

鬼丸国綱

天下五剣として名高い鬼丸国綱

天下五剣の1つとして数えられ、非常に歴史的価値が高い、鬼丸国綱(おにまるくにつな)。
鬼丸と呼ばれる事も多い日本刀で、鎌倉時代初期、粟田口六兄弟の末弟、国綱によって作られました。

それまでの時代の一般的なスタイルである、腰反りのスタイルから、輪反りのスタイルに移行するタイミングで作られた太刀という、少し変わった点が特徴になります。
刃の長さは78、17㎝、反りは0、3㎝と、ほぼほぼ真っ直ぐな刀のスタイルとして、珍重されてきたといえるでしょう。

作風の特長としては、地金がよくつみ、地沸につき、地斑映りが立つところとされ、目釘孔上の棟よりに、国網の二文字がきざまれています。

現在では、御物とされ、宮内庁の中で厳重に管理されている、歴史的価値の高い作品として有名でしょう。
また鬼丸国綱だけではなく、鞘と柄の全体を、茶色皺皮で包んだ上から、金茶色の平糸巻きを行い、鍔を黒漆塗りした革袋で覆っている、皮包太刀様式のこしらえが不足している点も特徴です。

このことから、室町時代の初期の製作では無いかという説もあり、この拵えの様式を、“鬼丸拵え”と呼ぶ事も多いと言われています。

名前の由来は夢に現れる子鬼がきっかけ

鬼丸国綱の名前の由来はそもそも、太平記によると、北条時頼の夢がきっかけとされています。
北条時頼が毎晩、夢の中に現れる鬼によって苦しめられる日々を送って居たところ、ある晩夢の中にお爺さんが現れ、太刀国綱と名乗り、自分の錆を取ってくれと願いを託しました。

早速国綱を手入れし、部屋に立てかけた後、国綱が太刀に倒れかかり、火鉢の台の細工を切り落としたとされています。
細工を確認したところ、火鉢の足は銀で作られた鬼の形をしており、それ以降、夢の中に鬼が現れなくなったことから、鬼丸と名付けられたそうです。

以降、北条家の宝として重宝されてきましたが、その後も鬼丸国綱は度重なる活躍をし、北条家に反映をもたらしたとされています。
その後、北条家から新田義貞に渡り、足利尊氏に送られた後、以降は、足利家の重宝として伝来をし続けたのです。

それ以降は、織田信長から豊臣秀吉に渡ったという説、豊臣秀吉に直接送られらという説など、いくつか説があり、巡り巡った後、徳川家康、本阿弥家へ届けられたとされています。
その後、後水尾天皇に献上されるも、皇太子が亡くなり、不吉な刀として本阿弥家にで戻り。
紆余曲解あり明治天皇に渡った後は、皇室の御物として、現在所蔵をされています。

天下五剣のうち鬼丸国綱だけは御物扱いをされ、国宝や重要文化財などの指定を行われていません。
その理由はやはり、途中にあった皇太子の死が関係しているのでは無いかとされています。

燭台切光忠

いたずら心から燭台切光忠の異名がついた備前光忠

1596年、豊臣秀吉が伊達政宗に与えたとされている刀として有名なのが、燭台切光忠です。
当時は備前光忠の名が付けられており、現在も、「刀無銘備前光忠(号:燭台切光忠)」として名を付けられています。

燭台切光忠という名前に変わったのは、衝撃的な歴史が有り、そもそも、秀吉のいたずら心から始まったとのこと。
豊臣秀吉は、伊達政宗が大阪との間のお召し船を献上した功を賞して、この刀を与えましたが、翌日その刀を帯びた政宗が自分の元を訪れた際に、秀吉が仕掛けました。

秀吉が小姓達に、「昨日政宗に刀を盗まれたから、取り返せ」と伝え、小姓達が揃って政宗を襲撃したのです。

政宗は無事に逃げおおせる事ができ、幾ばくか逃げた所で秀吉が、「許す、宜しい」と小姓達を止めたものの、政宗の怒りは収まりません。
政宗が小姓を成敗しようとしたときに、小姓が唐金の後ろに隠れ、その燭台ごと切り倒したことから、燭台切光忠という名前が付けられました。

このように、秀吉の悪ふざけがあった故に付けられた名前という事もありますが、何となく刀にあった綺麗な名前という事もあり、現在に至るまで名を馳せているといえるでしょう。

余談ですが、後日この名前の由来を聞いた徳川光圀が、伊達政宗から強いて持ち去ったという説も有りますので、本当であれば、伊達政宗は散々な目に合っているという説もあります。

焼失したと思われていたが、現在は徳川ミュージアムで保管

そんな燭台切光忠ですが、関東大震災において焼失されたとされていたものの、2015年、ゲーム「刀剣乱舞」が大流行し、ファンから、燭台切光忠があるかという問い合わせが徳川ミュージアムに殺到。
そのことを受けて全力で捜索が進められた結果、所在が特定し、焼刀ではあるものの、そのままの姿が保管される事となりました。

一般展示が2015年に開催された後は、通常の5倍もの来訪者で溢れかえり、多くの愛刀家、刀剣乱舞ファンを集めたとしてしられています。
現在でも徳川ミュージアム内で厳重体制で保管をされており、多くの愛刀家、歴史ファン、ゲームファンを魅了してやまないといえるでしょう。

きっかけはゲームファンによる問い合わせ殺到であったものの、その結果、歴史的価値の高い作品が、現在の世に戻る事となりました。

もちろんゲームファンだけの力だけではありませんが、その熱気に感服をしたという関係者も多く、発見後は、羽田空港ディスカバリーミュージアムなどでも、期間限定で展示が行われた点も特徴です。

所有者から現代に至るまで、様々な逸話が残る、燭台切光忠。
焼刀状態とはいえ、今後も多くの方を魅了してやまない刀であるといっても、過言ではないでしょう。

朝倉藤四郎

短刀朝倉藤四郎

享保名物帳にも所載されている粟田口吉光作の短刀として知られているのが、朝倉藤四郎(あさくらとうしろう)です。
人の名前と感じますが立派な刀の名前であり、「短刀銘吉光(朝倉藤四郎)」として記録されています。

伝来説は諸説有りますが、一節には、越前朝倉左金吾貞景が元の所持者という説や、義景が上洛した際に、細川伊豆守より求めたという説もあります。
ただ、前者の説の場合は、当時貞景は左金吾であり、つま左衛門督にはなっていないこともあり、朝倉左金吾義景の所持者説が濃厚と言われているでしょう。

義景滅亡後は、各地を転々とした後、尼崎城主、青山大蔵少輔に帰されたとして知られています。
本阿弥家ではこの時、千貫の折り紙を付けましたが、後慶安元年に井伊兵部少輔直好が訪ねてきた際に、60枚に増やして対応したとされています。

その後、1681年の正月鑑定の際に百枚、1683年、将軍に献上した後、1697年には百三十枚としましたが、更に、1707年、二百枚に上がったとして、記録にも残されています。
継平押型の押形記録には、実に二百枚極と注記されている事から、転々としたことがうかがえるといえるでしょう。

歴史に名を馳せる偉大なる刀工の一人、粟田口吉光

そんなつり上がり続けた価値を持つ朝倉藤四郎を作り上げた、粟田口吉光。
京都の粟田口の名工の一人として知られており、吉光自身が通称、藤四郎と呼ばれていたとされています。

鎌倉の名工、岡崎正宗と並び非常に名高い刀工として、当時多くの偉人が彼の元を訪れ、親兄弟の作から、鎌倉中期の刀工として仕事をしていました。
豊臣秀吉からは正宗、郷義弘と共に、天下の三名工と称され、短刀を中心に、身幅、大配とも、尋常な作品を作り上げてきた傾向があるでしょう。

朝倉藤四郎の場合も、長さ23、5㎝で打反りと、現代で言うところの包丁のような作品を作り上げており、その切れ味足るや、他の作品とは比べものになりません。

また朝倉藤四郎の他にも、厚藤四郎や後藤藤四郎など、各地の美術館、博物館に所蔵されている作品が多く、物によっては重ねが厚い作品も作っていたとされています。
特に、無名の名物である無銘藤四郎は、元重ねなんと7ミリを超えており、ただの短刀と呼ぶにはあまりにも存在感がつよい作品も存在している点が特徴です。

古来より多くの偉人から重宝され続け、織田信長、豊臣秀吉、徳川家康からも愛された作品を作り続けた、粟田口吉光。
業物を始め、世に名を馳せる多くの刀を輩出したこともあり、古来より、珍重されてきたとして、歴史に名を刻み続けて居るといえるでしょう。

その作品は今もなお至るところで輝きを放ち、国宝指定されている短刀も少なくありません。

長曽祢虎徹

江戸新刀の代表工長曽根が作る長曽根虎徹

江戸時代中期から寛文頃にかけて作成されたとされている、当時を代表する刀の1つが、長曽根虎徹(ながそねこてつ)です。
長曽根虎徹は、江戸新刀の代表工である、長曽禰興里の入道名として知られ、越前から江戸へ移り住んだ当初は、“古鉄”と称されていました。

最上大業物として名高い長曽祢虎徹は、虎徹、興里、長曽根興里など、様々な別名がある事でも知られており、いずれも切れ味高く、名刀であると評判が高い事で知られています。
その高い人気があり、虎鉄の作刀は現在、国の重要文化財等に指定されている物も多く、かの大名、小針徳川家や井伊直弼の脇差しなども作り上げていました。

その事から、大名を初めとした上流階級が所蔵する品として、大名道具、大名差しと言われるほどの作品として知られています。

余談ですが、その余りの人気から、当時虎鉄を真似した贋作が出回ってしまったため、虎鉄と名の付く偽物が世に出ている事も少なくありません。
素人目に見ても分かる本物との違いがあるものの、実際二本を比べてみないと、事前知識がないものからしたら、同じに見えてしまうといえるでしょう。

甲冑師としても知られる長曽根一族

長曽根一族は今でこそ、刀工のイメージが強く有りますが、刀工だけを仕事としていただけでは無く、元々は甲冑師であったと言う説もあります。
その為刀剣の他にも、籠手や兜など、甲冑に関する作品作りをしていたとして、そうした作品も人気が高いといえるでしょう。

長曽禰興里の場合は特に、刀工として仕事をし始めたのは50歳からという節もあり、人生のうちほとんどは、刀工ではなく甲冑師として勤めて居たとされています。
そのような下積み時代があったからこそ、大名差しとも呼べる本物の刀を打つことが出来たのでは無いかといえるでしょう。

長曽禰興里を筆頭に、江戸に移り住んで転職をした後は、二代目長曽禰興正、興久、興直と刀鍛冶業を営んで来た、転職ファミリーという節が濃厚です。
また、大阪に長曽根長広という刀鍛冶がいたことも記録として有りますが、実際の所直接的な関係があったのか、血統的な繋がりがあったのかという確証は無いとされています。

長曽祢虎徹は見た目に美しいだけではなく、その切れ味にも評判があり、真の日本刀としての呼び声高い作品として知られています。
虎鉄作品を見極めるためには有る程度真の目を見極めないといけませんが、本物と並べて比較をしてみると、その違いを肌で実感することが出来るでしょう。

更に一節ではありますが、この長曽祢虎徹を新撰組局長、近藤勇が持っていたと言う節もあり、虎鉄は歴史に渡って多くの偉人に使われてきたとして知られています。