和傘 -Japanese Umbrella-

美しい日本の芸術品ともいえる和傘

着物を着ている女性が美しい和傘を指して雨の中を歩くなんて、本当に絵になります。
芸子さんなどが洋傘を指していると何となく違和感がありますが、和傘は本当にしっくりきます。

傘が日本に伝わったのは飛鳥時代とされています。
その他のモノや文化同様、中国から伝来したといわれる傘は、現代のように閉じたり開いたりすることはなく、ひらっきぱなしでした。
その後、どんどん改良が進み、開閉式の便利な傘になっていくのですが、和傘は今、美しい芸術品としても見直されており、海外の方へのお土産、インテリアとしても利用される方が多くなっています。

和傘が登場した当時

和傘は開閉式になり、さらに防水できるように改良された油紙が開発されたことによって、雨をしのぐ傘となりました。
しかし現代のように誰もが傘を持てるという事はなく、和傘は当時、上流階級が持てるもので、庶民の手に届くものではありませんでした。

江戸時代になってようやく庶民が利用できるようになり、浮世絵などには風流に和傘を差し、雨の中を歩く姿なども描かれています。
和傘は雨の多い日本において、雨をしのぐことができる便利品として重宝され、生活の中でなくてはならないものとなっていったので、当時すでに分業化で制作されていました。
よく時代劇などでも出てくる描写として、仕事を失った武士が和傘をちまちまと作っている姿などをみますが、あれは和傘の分業を内職していた様子です。

洋傘の普及

明治に入り洋風の文化がどんどん入ってきた時代になると、洋傘が登場します。
軽くて丈夫、長く持つ耐久性もあり和傘よりもずっと重宝だと、洋傘の全盛となります。
和傘は雨傘としての用途がほとんどなくなり、演劇で利用されるとか観賞用、日よけとして利用されているだけという状態になってしまいました。

しかし最近は贈り物としての需要もありますし、芸術的に美しいということで見直されてきているという事もあります。
造られている場所が少なくなっていますが、現在も京都、岐阜、池三郎が、高松、久留米、大分など和傘が作られています。
職人さんが少なくなっているのですが、是非、この美しい伝統的な和傘を継承してほしいと願ってやみません。

和傘と洋傘の違いとは?

和傘は紙や竹などの自然素材を利用して作られており、洋傘は化学繊維を利用することが多いです。
傘を閉じた時、和傘は頭の部分を上にして持ちます。
使わない時には頭の方を上にして立てかけ、雨水を切ります。

洋傘は閉じた時でも持ち歩く時でも、石突きを下にした状態で、水を切ります。
傘立てに立てることもできますし、フックでぶら下げることもできます。

用途という面では洋傘が圧倒的という感じですが、和服を着た時などには和傘はとてもよく似合います。
海外の方への贈り物としても重宝します。