和服 -Japanese clothes-

大陸をルーツとして日本独自の発展を遂げた和服

日本の服のルーツとなっているのは、大陸の影響が大きいとされています。
はるか飛鳥時代の資料によると、中国の影響を強く受けた服を貴族が着ていたことが分かっています。
また、奈良時代においても中国の服を模したものが、朝廷や貴族を中心に多く用いられていて、シーンに合わせて異なる洋式の服が着られていました。

その後、平安時代になると日本オリジナルの工夫が織り込まれるようになってきて、少しずつ現在に伝わる着物のイメージに近づいてきます。
しかし、十二単に代表されるように、とても複雑で作るのにも着るのにも手間のかかる服でした。
そのため、貴族など身分が高い人のみが着る服として扱われていました。

そして、時代が下り江戸時代になると、着物が簡略になるとともに、より実用的なスタイルに変化してきました。
礼服としての振り袖が出てきたのもこの時期ですし、派手な柄だけでなくシンプルで地味な模様が多くなったのも、この時代でした。

その後、西欧の文化が大量に入ってきて、動きの取りやすい洋服が日本でも広まりました。
現在では、普段和服を着ている人は非常に少なくなりましたが、結婚式や成人式などで和服を多くの人が着るように、特別な時に着るものとして重要視されていることが分かります。

様々な和服の種類がある

和服にはいろいろな種類があって、シーンごとに着分ける必要があります。
女性が正装用として着る着物には、留め袖や訪問着などがあります。
留め袖は既婚者、振り袖は未婚者が着るものというのが基本ですが、最近では年齢や柄によって既婚未婚に関係なく使用されることもあります。

また、付け下げといった訪問着を簡略化した種類もあり、略礼装としての着物となっています。
また、普段着として着る和服には、女性用だと浴衣や小紋、紬といったものがあり、季節によって様々なシーンで着用されます。

男性用の正装和服は、羽織と袴のセットとなっています。
女性に比べて、色合いや模様のバリエーションはなく、黒と白、グレーの組み合わせがほとんどです。
男性用の日常用和服としては、浴衣や甚平、作務衣などがあります。

着付けを覚えて和服を楽しむ

洋服と違って和服は、着るのに手間とコツがいります。
そのため、自分で和服を着るようになるためには、着付けを覚える必要があります。
最初は苦労するかもしれませんが、一度覚えてしまえばずっと活用できますので、ちゃんと習ってみるのも良いでしょう。

帯の結び方など、覚えるととても美しくできるものもありますので、日本人の心を伝えるスタイルの1つとして、チャレンジしてみるのも楽しいですし、ちょっとした時に役立つでしょう。