和紙 -Japanese paper-

紙の歴史はいつから始まったのか

世界各国にそれぞれの国で古くから利用してきた紙があります。
紙は文字を書くことにも利用されますし、絵をえがくことにも利用されます。
紙を使って芸術品や工芸品を作る事もあります。
文化が少しずつ成長して時、なくてはならないのが紙です。

今私たちが古い時代の歴史を知る事が出来るのも、紙がありそこに記録する事が出来たからです。
美しい日本画などを現代でも鑑賞できるのは、紙がその時代にあったからこそです。

紙の歴史は古く、5000年もの昔、古代エジプト時代にさかのぼります。
エジプト文字がかかれたパピルスが紙の起源とされています。
非常に単純な作りで、パピルスという植物の茎を圧着して組み合わせ、引き伸ばして作ったもので、現代の紙とは全く異なる性質を持っていました。

現代利用されている紙の元となったのは、中国の漢時代、紀元前2世紀位で、中国で発明された紙作りによって誕生したものです。
この技術もシルクロードを通り広く伝わっていきました。

日本の和紙の歴史

日本の和紙、強くて美しく丈夫、今でも世界各国に愛好者が多く、和紙は色々な場面で利用されています。
和紙の基礎は聖徳太子が作ったとされ、摂政の時代、610年あたりに朝鮮から伝わった製法によってつくられたといいます。

しかし聖徳太子が紙を作った以前、100年くらい前に、福井県の今立町ではすでに「紙漉き」が行われていたという説もあります。
いずれにしてもこうして日本の和紙の歴史が始まり、特に聖徳太子は仏教を重んじていたため、和紙を写経に利用するようにと推奨されていたといいます。

写経するための和紙はたくさん必要になるため、紙作りの保護、また職人の育成などの力を入れたのも食特待しです。
紙作りの技術は躍進し、楮を利用した紙が作られるようになり、やがて全国に広がっていきました。
日本に現存する日本国産の最古の紙といわれるものが、正倉院に残されている美濃と筑前、豊前の戸籍用紙で、これは大宝2年に造られたものだとされています。

紙の技術は紫式部もほめたたえた

平安時代、紙屋院の組織が誕生し、上質な紙は貴族の間で流行します。
当時舶来の紙が上等といわれていた時代、宮廷用紙を漉く技術によってさらに上質紙が作られるようになり、唐へ輸出されるようになります。

実は源氏物語の中、また枕草子の中には、この上質な髪を作り出す紙屋院を称えている言葉が見受けられるほどです。
しかし紙屋院の紙よりもずっと上質な地方で作られた紙が都に入ってくるようになると、次第に紙漉きは中央から地方に移っていきます。
中央の紙屋紙を圧倒するほどの美しい紙作りが行われ、紙漉きは地方にその需要がゆだねられるようになったのです。

様々な物に利用される丈夫な和紙

和紙はまず風合いがいい、触った感じがいい、という事もありますが、様々な物に利用できる上部な紙であるという事も魅力です。
美しい和紙で包装すれば一段上の贈り物のように感じますし、便箋や封筒、はがきや名詞なども、一工夫されていると感じます。
祝儀袋の水引も和紙独特の風合いが手になじみますし、水引のデザインを作る際にも和紙でなくては中々形づけることができません。
肌なじみのいい風合いを生む和紙は世界各国にファンが多く、わざわざ日本から取り寄せて利用される外国人の方も多いのです。