歌舞伎 -Kabuki-

変わり者の踊りから歌舞伎が生まれる

歌舞伎という言葉は、「傾く」という表現から来ています。
傾くというのは傾いているという意味からも分かるように、周りとは異なる変わったものや、派手で奇抜なものという考えを伝えています。

歌舞伎のルーツも、傾いている人、奇抜な動きをする人の動きや踊り方などを取り入れた踊りから来ています。
江戸時代の初期に、遊女まがいのことをしていた女性が、当時見られなかったスタイルの踊りをしたことが、「かぶき踊り」として始まり、広まっていったのです。

こうした始まりもあって、初期の歌舞伎は性的なシチュエーションを取り入れた内容のものが多く、遊女の間で多く踊られていたとされています。
また、庶民の間で娯楽の一環として見られるものであったようです。

時代の変遷とともにスタイルが確立されていく

江戸時代は様々な文化が華開いた時代ですが、歌舞伎もその1つです。
単なる友情の踊りであった歌舞伎も、次第に三味線の音楽が取り入れられていったり、舞台装置が作られアクロバティックな動きが加えられたりするようになりました。

そして、歌舞伎が単なる踊りではなく、しっかりとしたストーリーを持つ演劇として確立されていき、市川團十郎などの人気を持つ有名な役者が登場していったのも、やはり江戸時代です。
そして、江戸時代末期になると、現在でも演じられる演目ができるようになり、次第に現在につながる歌舞伎ができてきました。

時代が明治に変わると、歌舞伎は現代的なシチュエーションを取り入れた演目も作られるようになるなど、その幅を広げていきます。
そして、歌舞伎専用の劇場が日本各地に建設されるなど、興行面でも進歩しました。

第二次世界大戦などによって、一時下火になったこともありますが、その火が消えることなく、現在でも多くの人に愛されています。

世界にも向けて発信されるようになった歌舞伎

歌舞伎というと、一般の人には敷居が高いように感じられるものでもありますが、そのルーツからも分かるように、本来は庶民のための娯楽です。
そのため、より多くの人に愛されるように様々な工夫がなされています。

たとえば、劇場でイヤホンが貸し出され、歌舞伎の演目についての解説を聞きながら鑑賞できるようにしています。
また、役者のセリフを字幕で流してくれるサービスなどもあって、誰でもしっかりと理解して歌舞伎を楽しめる工夫もあります。

さらには、日本だけでに留まらず諸外国でも歌舞伎を上演するなど、世界に向けた発信も行っています。
日本の美しく伝統ある文化芸能の1つとして、世界中の多くの人に評価され、愛好者も少なくありません。これからも歌舞伎は、伝統を守りつつも力強くその魅力を発信していくことでしょう。