簪 -Ornamental hairpin-

簪は洋服にもよく合います

最近簪のような風合いのヘアグッズを利用される若い人も多くなっています。
簪は自然の草花などがモチーフにされることが多いのですが、これは平安時代に神事などの際、花や枝葉などを髪の毛にさして飾って参席するという習慣があったことが所以となっています。

簪は和服に合わせて利用する飾りという認識があったのですが、最近はヘアグッズとして洋服に合わせて上手に利用する方が多くなり、可愛い簪が多く販売されています。
昔ながらの美しい簪や、かなり高価な簪などもあり、海外の方への贈り物として利用されることも多いです。
女性を美しく引き立てる簪について、その歴史などを紹介します。

簪には意味がある

古代、先がとがっている1本の細い棒には、呪力が宿っていると考えられていました。
念のこもった細い1本の棒を髪の毛にさすことによって、魔、邪気を払うということで、利用されていました。
この魔を払うための1本の細い棒は「神挿し」と呼ばれ、それが簪となったといわれています。

平安時代には、神事などの際、美しく着飾る事が必要とされ、自然の花や美しい枝葉などを頭髪に飾る習慣があり、この花を挿す事を花挿し「かざし」と呼ばれ、これが簪になったという説もあります。
この花挿しについては、源氏物語にも美しく描写されています。

簪の歴史をみてみよう

簪の起源は縄文時代という古い時代にまでさかのぼります。
髪挿しを何本も束ね櫛のようにしたものが現代の櫛の原型であり、その時代のものとして出土したものを見ると、縦に長く髪の毛をとく櫛というよりも、髪の毛を束ねて止めるという役割を持っていたのではないかと考えられます。

奈良時代、中国から様々な文化が入ってきてその中に簪もありました。
櫛の原型とされる横に長い「挽き櫛」と呼ばれるものや、2本の足がちた斉史と呼ばれるものなどが登場しました。
男女ともに髷を結っていた当時の人たちに一気に流行したそうです。

平安時代になると女性は垂れ髪になったので、簪は必要なくこの時代、簪の需要は極端に少なくなりました。
安土桃山時代に入り、垂れ髪から結髪へと変化し、歌舞伎などが流行敷いたこともあり髷を結う人が多くなりました。
身分が高い人は垂れ髪でしたが、庶民は働く際に邪魔にならないように現代のポニーテールのような髪型やお団子のような髪型が流行し、日本髪の原型とされる唐輪と呼ばれる髪型が生まれたのもこの時代です。

江戸時代は髪飾りなどが利用されることはなく、質素なものでしたが、次第に多種多様な簪が武家階級で利用されるようになっていきます。
この時代から簪は女性のおしゃれの必需品となっていきます。
明治に入ると洋風のヘアスタイルが主流となり壱時期、花柳界等以外で利用されるくらいだったのですが、最近は簪1本でヘアスタイルをまとめることができる機能性が見直され、様々なデザインの簪が人気となっています。