童子切安綱

天下五剣の1つ童子切安綱

天下五剣の1つとして、国宝指定をされている日本刀の1つが、童子切安綱(どうじぎりやすつな)です。

童子切と呼ばれることも多く、大包平と共に、日本刀の東西の両横綱とも賞されるほど、非常に優れた名刀として知られています。
現在は、東京国立博物館に寄贈されており、非常に歴史的価値の高い資料として厳重保管をされているのです。

平安時代の大原の刀工、安綱によって作られた太刀、童子切安綱は、長さが80、2㎝、反りは2、7㎝、腰反り高く小切先であることが特長になります。
刃文は混み誰、目釘孔1つ、安綱の二文字銘が切られており、天下五剣にふさわしい存在感、美しさを放っているといえるでしょう。

銘は、安の字よりも、綱の字の方が大きく、綱の字が一寸右に寄せられているのが、手癖として知られています。
享保名物帳にも所蔵されており、鬼丸国綱、三日月宗近、数珠丸恒次、大典太光世と並ぶ天下五剣である事も有名な所です。

源頼光の伝説が名付けの由来

童子切安綱の由来は、かの源頼光によるものとされています。
頼光がこの剣を使い、丹波国大江山の酒呑童子という鬼を斬ったという伝説から、童子切りの異名が付いたとされる説が一般的です。

また他にも、伊勢神宮に奉納して居たこの剣を、夢想によってもらい受けた頼光が、酒呑童子を斬って倒したという説もあるでしょう。

その時の証拠として、童子切の物打ちには鬼の噛みついた痕があるとされていましたが、現在では残って折らず、あくまで仮説として知られています。
来歴においては、この伝説よりも痕に作られたという説もあり、真偽の程は定かではありません。

童子切りはその後、足利将軍家から、豊臣秀吉、徳川家康、秀忠、松平忠直に受け継がれた後、越前松平家の高田藩、津山藩と受け継がれていきました。

童子切は石田正宗の三振の名答として果報とされ、明治に入ってからも、その価値は重要視され続けていき、1933年に、国宝指定をされることとなったのです。
現在の文化財保護法に基づく国法指定の法律が起用されたのは、1951年の事でしたが、その年代から、文化財的価値が認められていたといえるでしょう。

太平洋戦争が終戦した痕は、個人所蔵家の所有となったものの、1962年に現在の文化庁によって買い上げが行われ、東京国立博物館に所蔵される運びとなりました。

このように、現在は国宝指定をされて厳重に保管されている、童子切安綱。
伝来の真偽のほど、名付けの真偽の程は多少不確かではありますが、多くの偉人に託され、愛されてきた刀として知られています。

その価値は現在も変わること無く、鍛えられ、輝かんばかりの刀身が、非常に印象的であるといえるでしょう。