髭切

源氏の重宝髭切

源氏の重宝として知られている太刀、髭切(ひげきり)。
別名、髭切丸とも呼ばれており、名前の由来については、主に二説あるとされています。

1つは、平治物語の説です。
源義家が奥州の安倍氏討伐を行う際に、この刀で捕虜10人の首を切ったとされていますが、その10人がいずれも髭もろとも首を落したとされたことから、髭切の名前が付けられたという説になります。

その後、この髭切は源頼朝によって、美濃の青墓の長者、大炊に預けられましたが、頼朝が平治の乱に敗北し捉えられ、難波経家に大炊の元にある事を伝えると、大炊は髭切を偽証。
泉水の太刀と中身をすり替え経家に渡し、頼朝が髭切に相違ないと偽証した事から、そのまま平清盛によって秘蔵され、朝廷に献上されたとされています。

その後本物に戻るまでも諸説ありますが、いずれも確証の無い仮説とされ、実際の所、どの様な流れで戻ったのは謎といえるでしょう。

もう一つは剣巻の説と呼ばれています。
こちらは多田満仲が日本の鍛冶に、自身の刀を作らせたところ、中々思うような物を得られず、筑前国三笠群土山に居た異国の鍛冶を京都に呼んで作らせたところ、満足いく刀が完成。
刀を作る際に鍛冶が八幡大菩薩に祈り、60日間をかけて打った二振りのうち一刀が、髭切とされています。

刀の切れ味などを試す際に、一刀はあご髭もろとも切り落とした事から、髭切と名前が付けられたといえるでしょう。
髭切はその後、源頼基の嫡子である、源頼義の子、源義家へ伝わり、義家が一条戻橋で鬼の腕を切ったことから、名前を鬼丸と改めたとされています。

このように、髭切には主に2つの名前の由来があり、どちらの場合も、あまり穏やかな由来ではない点が特徴といえるでしょう。

国の重要文化財としてその名を残している髭切

そんな髭切ですが、現在は国重要文化財と指定されており、北野天満宮に保管されています。
刃の長さは84、4センチ、反りは3、6センチとほとんどなく、大ぶりで有りながら、そのシャープで凜とした佇まいが、髭切、鬼切の名にふさわしいとされています。
太刀銘国網(名物:髭切・鬼切)とされており、現在に至るまで、その姿を現存させているといえるでしょう。

剣巻説ではこの髭切ともう一刀作られていますが、もう1つは膝丸と命名され、こちらも歴史的重要な遺産として、現在に至るまで名を馳せていると言われています。
試し切の際に膝まで切り落としたとされている事からこの名が付き、髭切と同じように、あまり穏やかな名前の由来では無いといえるでしょう。

このように、髭切、鬼切は、由来が物騒ではありますが、その何ともいえない神々しさは人々を魅了し続けて居ることで知られています。