膝丸

膝丸は源氏の宝の1つ

源氏の重宝とされている髭丸と合わせて、こちらも重宝とされ、現在に至るまで名前を馳せているのが、膝丸(ひざまる)です。

平家物語の剣巻において、筑前国の三笠郡にいる、唐国の鍛冶によって作られたとされており、八幡大菩薩の加護を得て、髭切とセットで作られたとされています。
罪人を試し切りした際、髭丸は髭まで、膝丸は膝まで一刀両断したことから、この名前が付いたという説があるのです。
髭丸と膝丸はセットで作られた物の、その後別々の道を辿り、現在に至る所となりました。

膝丸の場合は、多田満仲から譲り受けた嫡子、源頼光によって使われていましたが、頼光が現在で言うところに、マラリアを発症した際の逸話があることが特徴的です。
頼光がマラリアを発症した際に、大入道が表れ、頼光に縄をかけようとしたところを、膝丸を使って切りつけ、追い払ったとされています。

逃げた大入道の血の跡を追いかけると、北野の大きな塚に消えており、その塚を崩した所、121センチにもなる大蜘蛛が死んでおり、そこから、刀の名前が蜘蛛切りと呼ばれるようになったそうです。

また義経記においては、義経の子供の頃、鞍馬寺でこの刀を授けられ、平家討伐の際にも鎧の下に持っていましたが、最後はこれで自害をしたとされています。

膝丸とされている刀はいくつかある

そんな膝丸ですが、紆余曲折様々な説が有り、実際の所、現存する膝丸はどの刀なのか、はっきりしたことが分かっていないとされています。
膝丸の可能性がある刀は全国各地至る所に存在していますが、有名な物としてあげられるのは、大覚寺所蔵の重要文化財、薄緑や、箱根神社所蔵の薄緑丸があげられるでしょう。

長さは87、6センチ、反りは3、72センチとされており、対で作られた髭切と、一見似た作りとなっています。
髭切と比べると現在のタイプがあいまいではあるものの、いずれの刀も非常に輝きを放ち、古備前風の雅な作風が示されている点が、特徴と言えるでしょう。

大覚寺伝来の薄緑に関しては、伝来記によると、剣の巻のその後、曽我五郎から召し上げた物が大友能直に渡り、能直の十二男、田原泰広に渡ります。
その後天正時代に突入し、十数代の孫である田原親貫の嫡子、親武にまで受け継がれた後、その娘の経子にたくされ、嫁いだ先の西園寺公益、西園寺家に持って行かれた流れとなっています。

そして、1684年に、道恕大僧正が大覚寺に持っていったことから、現在の、大覚寺に納められる事となったと伝えられているでしょう。

こちらも諸説あるものの、非常に様々な人の手を渡り、現在に至るとされている点が特徴です。
個人差はあるものの、大学時伝来説を推している方は多いといえるでしょう。