江雪左文字

左文字の在銘太刀である江雪左文字

南北朝時代初め、筑前の刀工、左門によって作られた日本刀が、江雪左文字(こうせつさもんじ)です。
左文字の在銘太刀として、現在唯一とされている作品で、非常に価値の高い刀として、多くのファンを魅了してやまない事で知られています。

そんな江雪左文字ですが、北条家の家臣であった板部岡江雪斎から秀吉へ、秀吉から徳川家康に献上されたとされており、以降、徳川家と共に歴史を歩んできたとされています。
家康からは末子の頼宣に与えられ、頼宣は江雪左文字を持ち、大坂の両度の役に参加したとされ、その後紀州徳川家に伝わり、以降、徳川家代々の重器として重宝されてきたといえるでしょう。

刃の長さ78、2㎝、反り2、7㎝、身幅広く、切っ先は中切っ先伸びるとされ、刃文は、大乱れに足入ると表現されるように、敢えてまとまりの無いように作られた大胆さが特徴とされています。
拘らないからこその大胆さ、品の良さ、剛毅さを合わせ持っているとして、現在に至るまで、非常に秀逸な作品と判断される事が少なくありません。

国宝指定されている江雪左文字

紀州徳川家に渡った後、1951年に、国宝指定されることとなった、江雪左文字。
現存する左文字作品唯一の作品として、現在では、広島県のふくやま美術館に寄託されています。

一度見たら忘れることが出来ないその堂々たる出で立ち、剛毅さは非常に印象的で有り、正に、徳川家に伝来されるにふさわしい刀であったとされています。
もちろん力強さのみならず、金筋かかり、輝かんばかりの美しさ、匂口、明るく冴える所は、他の刀に負けない、左文字作品にふさわしいとされる刀といえるでしょう。

南北朝時代の初期に作られたことも有り、まだ鋒が延びきっていない、重ねもそこまで薄くないことから、延文、貞治型に移行する、一歩手前の姿態と考えられています。
いずれにせよ、その磨き抜かれる前の荒削りな部分が美しく、より左文字作品の価値を上げることに繋がった一刀といえるでしょう。

余談ですが、大名家に伝えられた名品とあって、当時、そう簡単にはお目に掛かることすら出来なかった一品ですが、長賀翁が内務省の仕事で、国宝指定の審査に訪れて、拝見した時の事。
非常に重要な伝来品として、刀を手に取ることは許されず、お刀掛けに白い羽二重がかけられた状態で、裸の刀が置いてあり、触れること無く鑑定したという逸話もあります。

鑑定士として当時右に出る者は居なかったとされる程の有名な長賀翁ですら、実際に触れることが出来なかった。
そこまでの徹底した厳重体制を強いていたからこそ、江雪左文字は、国宝指定される程の状態の良さをキープしていたと考えられるでしょう。