長曽祢虎徹

江戸新刀の代表工長曽根が作る長曽根虎徹

江戸時代中期から寛文頃にかけて作成されたとされている、当時を代表する刀の1つが、長曽根虎徹(ながそねこてつ)です。
長曽根虎徹は、江戸新刀の代表工である、長曽禰興里の入道名として知られ、越前から江戸へ移り住んだ当初は、“古鉄”と称されていました。

最上大業物として名高い長曽祢虎徹は、虎徹、興里、長曽根興里など、様々な別名がある事でも知られており、いずれも切れ味高く、名刀であると評判が高い事で知られています。
その高い人気があり、虎鉄の作刀は現在、国の重要文化財等に指定されている物も多く、かの大名、小針徳川家や井伊直弼の脇差しなども作り上げていました。

その事から、大名を初めとした上流階級が所蔵する品として、大名道具、大名差しと言われるほどの作品として知られています。

余談ですが、その余りの人気から、当時虎鉄を真似した贋作が出回ってしまったため、虎鉄と名の付く偽物が世に出ている事も少なくありません。
素人目に見ても分かる本物との違いがあるものの、実際二本を比べてみないと、事前知識がないものからしたら、同じに見えてしまうといえるでしょう。

甲冑師としても知られる長曽根一族

長曽根一族は今でこそ、刀工のイメージが強く有りますが、刀工だけを仕事としていただけでは無く、元々は甲冑師であったと言う説もあります。
その為刀剣の他にも、籠手や兜など、甲冑に関する作品作りをしていたとして、そうした作品も人気が高いといえるでしょう。

長曽禰興里の場合は特に、刀工として仕事をし始めたのは50歳からという節もあり、人生のうちほとんどは、刀工ではなく甲冑師として勤めて居たとされています。
そのような下積み時代があったからこそ、大名差しとも呼べる本物の刀を打つことが出来たのでは無いかといえるでしょう。

長曽禰興里を筆頭に、江戸に移り住んで転職をした後は、二代目長曽禰興正、興久、興直と刀鍛冶業を営んで来た、転職ファミリーという節が濃厚です。
また、大阪に長曽根長広という刀鍛冶がいたことも記録として有りますが、実際の所直接的な関係があったのか、血統的な繋がりがあったのかという確証は無いとされています。

長曽祢虎徹は見た目に美しいだけではなく、その切れ味にも評判があり、真の日本刀としての呼び声高い作品として知られています。
虎鉄作品を見極めるためには有る程度真の目を見極めないといけませんが、本物と並べて比較をしてみると、その違いを肌で実感することが出来るでしょう。

更に一節ではありますが、この長曽祢虎徹を新撰組局長、近藤勇が持っていたと言う節もあり、虎鉄は歴史に渡って多くの偉人に使われてきたとして知られています。