鬼丸国綱

天下五剣として名高い鬼丸国綱

天下五剣の1つとして数えられ、非常に歴史的価値が高い、鬼丸国綱(おにまるくにつな)。
鬼丸と呼ばれる事も多い日本刀で、鎌倉時代初期、粟田口六兄弟の末弟、国綱によって作られました。

それまでの時代の一般的なスタイルである、腰反りのスタイルから、輪反りのスタイルに移行するタイミングで作られた太刀という、少し変わった点が特徴になります。
刃の長さは78、17㎝、反りは0、3㎝と、ほぼほぼ真っ直ぐな刀のスタイルとして、珍重されてきたといえるでしょう。

作風の特長としては、地金がよくつみ、地沸につき、地斑映りが立つところとされ、目釘孔上の棟よりに、国網の二文字がきざまれています。

現在では、御物とされ、宮内庁の中で厳重に管理されている、歴史的価値の高い作品として有名でしょう。
また鬼丸国綱だけではなく、鞘と柄の全体を、茶色皺皮で包んだ上から、金茶色の平糸巻きを行い、鍔を黒漆塗りした革袋で覆っている、皮包太刀様式のこしらえが不足している点も特徴です。

このことから、室町時代の初期の製作では無いかという説もあり、この拵えの様式を、“鬼丸拵え”と呼ぶ事も多いと言われています。

名前の由来は夢に現れる子鬼がきっかけ

鬼丸国綱の名前の由来はそもそも、太平記によると、北条時頼の夢がきっかけとされています。
北条時頼が毎晩、夢の中に現れる鬼によって苦しめられる日々を送って居たところ、ある晩夢の中にお爺さんが現れ、太刀国綱と名乗り、自分の錆を取ってくれと願いを託しました。

早速国綱を手入れし、部屋に立てかけた後、国綱が太刀に倒れかかり、火鉢の台の細工を切り落としたとされています。
細工を確認したところ、火鉢の足は銀で作られた鬼の形をしており、それ以降、夢の中に鬼が現れなくなったことから、鬼丸と名付けられたそうです。

以降、北条家の宝として重宝されてきましたが、その後も鬼丸国綱は度重なる活躍をし、北条家に反映をもたらしたとされています。
その後、北条家から新田義貞に渡り、足利尊氏に送られた後、以降は、足利家の重宝として伝来をし続けたのです。

それ以降は、織田信長から豊臣秀吉に渡ったという説、豊臣秀吉に直接送られらという説など、いくつか説があり、巡り巡った後、徳川家康、本阿弥家へ届けられたとされています。
その後、後水尾天皇に献上されるも、皇太子が亡くなり、不吉な刀として本阿弥家にで戻り。
紆余曲解あり明治天皇に渡った後は、皇室の御物として、現在所蔵をされています。

天下五剣のうち鬼丸国綱だけは御物扱いをされ、国宝や重要文化財などの指定を行われていません。
その理由はやはり、途中にあった皇太子の死が関係しているのでは無いかとされています。