大包平

古備前派包平作の太刀大包平

古備前派包平作の太刀として享保名物帳に所載されている、大包平(おおかねひら)。
江戸時代、大包平は、当時岡山藩主であった、池田光政が、熊沢蕃山に懇願して入手したとされる説と、光政の祖父である池田輝政によって池田家に伝わったとする説など、諸説あります。

ですが、池田家の所伝によると、輝政の佩刀として、お正月の具足始めには例年、甲冑と共に大包平を飾ることが慣わしで、昭和42年、国が6500万で買い上げたと言う歴史が濃厚といえるでしょう。
また余談ですが、名物帳によると、寸長き故、名付くとだけ記されており、本阿弥家では、目にした物がいなかったのでは無いかと言われています。

池田光政が藩主となったのはわずか三歳の時。
光政が成人するまでは後見として、池田忠雄がつき、家老の日置豊前が運営を行っていました。

日々、業務を執り行っていた豊前でしたが、ある日、宮内少輔と甲斐守の前に呼び出され、公私にわたって私曲があると糾弾。
この糾弾に対し豊前は華麗に弁明をした後、言われない糾弾をされたのは、宮内少輔が大包平を借用したいと思っているのに、貸さないことが原因だろうと考えました。

ですが、光政が成人をするまでは貸すことが出来ないと固く断り、その結果、宮内の手に渡ること無く、大包平は、光政の手に無事に渡るところとなったのです。

東京国立博物館に収蔵されている大包平

このような流れがあったことから、長らく池田家に伝来し続けていた大包平。
ですが、1967年に、当時の文部省が池田家から6500万円で買い上げを行い、現在では、東京国立博物館に、国宝として所蔵されています。

大包平は、刃長89、2センチ、反り3、5センチ、元幅3、7センチと、刀身が幅広く、重ね薄く、腰反り高い点が特徴です。
制作年代は平安時代末期とされており、当時の技術を詰め込んだ、奇跡の刀として重宝されていたといえるでしょう。

通常、これだけの長さで大ぶりな太刀の場合、重さが二キロを超えていてもおかしく無いものの、大包平の場合は、重さ1、35キロ。
当時の他の同サイズの太刀に比べると明らかに軽く、技術の高さが証明されている作品であるといえるでしょう。

池田輝政によって伝来した、大包平。
現在に至るまで国宝級の価値があると認められるほどの刀を、池田家の機転、頑なさによって守り続けた事は、間違いでは無かったといえるでしょう。

ですが、輝政から受け継いだ光政は、備後守に対して大包平が何になる、刀一本を頼りにするとは情けない話と、訓戒していた点が印象的と言われています。
あくまで刀は刀、そうした確固たる価値観が、池田家の反映をもたらしたのであろうという説もあるでしょう。