華道 -Flower arrangement-

自然への崇敬を表す1つのスタイル

日本人は古来自然との調和を大事にし、自然への感謝や崇敬を様々な形で表してきました。
その内の1つが華道と言えるでしょう。
もともと、自然の万物を神として崇めるという宗教的なベースがあり、花や植物を神に捧げたりそれを使って儀式を執り行ったりしてきました。

そうしたルーツもあり、欧米のように花を飾って美しくするというだけでなく、高い精神性を込めて花を生けるという文化が、華道という形で発展してきました。
こうした文化は日本独自の考え方となっていて、その良さが現在では世界中で認識され、華道の魅力が発信されています。

室町時代に始まった華道

現在の華道につながるルーツは室町時代にまでさかのぼります。
京都は六角堂の僧侶が、専用の花器を用い四季折々の花を選んで飾り付けたのが始まりとされています。
その後、立花と呼ばれるスタイルが江戸時代に至るまでに確立されていって、今日の華道のスタイルに近いものができてきました。

そして、江戸時代の後期になると、貴族や大名といった上流階級の人々が愛でていた生け花の文化が、庶民の間にも広がっていき、一般の生活の中にも入り込むようになってきました。

その後、明治時代になると西欧からフラワーデザインの考えが入ってきました。
西洋のアイディアを取り入れた生け花のスタイルが発展していき、盛り花や投げ入れ花といった新しい型の飾り方が生まれていったのです。
このように、華道は他の文化も貪欲に取り入れる懐の広さを持ち、大きな発展を迎えたという特徴を持ちます。

たくさんのパターンを持つ日本の華道の魅力

華道においては、季節の変化や花と花器の組み合わせ、枝ぶりの妙などを巧みに調和させて1つの作品を作り上げます。
そのため、流派によっても作り手によっても大きな違いが生じるのが特徴であり、魅力ともなっています。

とりわけ、日本文化は季節の変化を大事にしますので、同じ花を使ったとしても季節によってアレンジの仕方を変えたり、花器の種類を変えたりするので、異なる魅力を出すことができるのが素晴らしいところです。

また、花器のバリエーションが非常に多いのも華道の懐の広さを教えてくれます。
日本古来の陶器を使ったものもあるかと思えば、華美なガラス細工を用いることもあり、変幻自在な美しさを見せてくれるのです。
こうした花器と花、添えられる植物の組み合わせは無限ともなり、そこにそれぞれの作り手の心が表れるところが華道の魅力と言えるでしょう。

華道の精神は、日本における日常生活に深く関わっていますので、華道の歴史やスタイルなどを振り返る時、日本本来の美しい文化を再認識することができます。
改めて華道について学んでみるのも良いでしょう。