剣道 -Kendo-

江戸時代に発展した剣術がルーツとなっている

武士にとって刀は魂であると考えられていたように、日本の文化と剣術は切っても切れない関係にありました。
戦国時代にもなると、たくさんの剣術の流派が生まれ、お互い剣技を研鑽するために試合も行われるようになりました。

そして、江戸時代になると、真剣ではなく木刀や竹刀を使用し、防具着用の上練習や試合を行うというスタイルが増えていきました。
江戸時代の後期には、流派に関わりなく竹刀での試合が行われるのも普通になり、競技的な色合いが出てくるようになりました。

剣術における技術や道具、スタイルなどは江戸時代に成熟期を迎え、たくさんの道場が開設されました。
こうした道場によって剣術の指南が一般的になり、武士はもちろんのこと一部の商人の間でも剣術を学ぶ人が出てきました。

剣術を学ぶことは、剣の扱い方を覚えるということだけでなく、修行を通して強い心を培い、命や他の人への配慮を深めるという目的があって、心の鍛錬になるということが大きな理由になりました。
そのため、剣術は剣道という名前が付され、精神性という面でも大きな鍛錬になることが強調されたのです。

1つの競技として剣道が発展する

確かに剣道は武道の1つであり、単に技を磨くだけでなく、心を育てるというのが1つの大きな目的です。
一方で、剣道をスポーツ競技の1つとして確立し、一定のルールの下試合を行えるようにしようとする動きも見られました。
この動きは明治時代に急速に伸びました。

というのも、江戸時代、つまり武士の時代が終わり、廃刀令によって刀を持つことができなくなりました。
このため、剣の腕を磨いてきた人を救済するため、また武道の精神を引き継ぐために、1つの競技として発展させようとしたのです。
個人での試合においてもルールや手順が定められ、リーグやトーナメントでの試合も行われるようになりました。

また、剣道の技を演武という形で披露することも広まっていき、興行の1つとして剣技が人々の前で公開されるという動きも広まっていきます。
こうして剣道は武士だけでなく一般の人にも、いろいろな形で広がっていくことになります。

世界で愛されている剣道

日本の武道は世界の様々な国に愛好者がいます。
柔道や空手などはプロとして生業にしている人もいるほどですし、剣道も多くの人が行っています。
特に、日本人の移民が多いアメリカやブラジルなどでは、剣道の道場がたくさんあり、現地の人々が剣道の技や精神を習っています。

剣道はあくまで武道であり、純たるスポーツではないという考えのもと、オリンピック競技への参加などは考えられていませんが、剣道の奥深さを知る人が増えて、世界中で愛好者が増えているのは望ましいことです。