滝行 -Standing under a water fall-

滝行で自然と心を一体に

心が疲れている、バランスを崩している、疲労が取れないという方は多いです。
忙しい毎日にため息ばかりついているという方も少なくありません。
若い世代でも悩みを抱えている方が多く、現代は小さいお子さんもストレスを感じているといわれています。
心身共に疲労している、特に心のバランスを崩してしまっているという方にお勧めなのが滝行です。

最近はお坊さんたちの修行という事ではなく、心の安定を図る、ストレスを発散し心を安定させるという意味で、他企業に参加される方がとても多くなっています。
滝行は宗派によって作法に違いがありますが、その一つをここで紹介します。

滝行を行う際の服装

滝行は場所を選ぶため、通常お寺さんなどで行われている滝行に参加させてもらうという事になりますが、どの宗派でも白装束などに着替えて行います。
普段着で行うのではなく、白装束などに着替えることで身を清め、それから滝に打たれるのです。

宗派によっては、滝という神聖な場所で行う滝行なので、塩や酒などを体に振って身を清めてから滝行を行うという事もあります。
白装束に着替えたら滝に入る前に滝に向かい九字を切ります。
これは、悪い物を払い、自らに結界をはるという意味があります。

宗派によってはお経や祝詞を唱えるという事も行います。
色々な方法がありますが、いずれも心身を鍛える、身を清めるために行う滝行です。
気持を引き締めてこの滝行で心を安定させるのだという気持ちをもって臨みましょう。

体にぐっと力と気合を込めて

滝の水というのは思いのほか冷たいもので、海に入るくらいの気持ちで行くと余りの冷たさにびっくりします。
滝は夏でも冷たく水流が少なく見える滝でも、かなりの水量があります。

お腹に力をぐっといれて、気合の言葉を発してから滝に入らないと水の冷たさと勢いに体が負けてしまいます。
ぐっとお腹に力を込めて気合の言葉を発したら九字を切って(印をきって)滝に入ります。
水しぶきがかかり視界も悪く呼吸もしにくいと感じますが、次第に慣れていきます。
心を無にして滝に負けない心で打たれましょう。

滝への御礼も忘れずに

滝に打たれ終わったら修行させてくれたこと、滝に対して恩恵を表す事も必要です。
宗派に寄りますが、二拍一礼を欠かさず行うという所もあります。
激しく滝の水を受けることで次第に心が無になり、滝行を行う事で身が清められたような感覚があります。

自分自身に迷いがあったり、心に悩みを抱えている時、何かを吹っ切りたい、自分を変えたいなどの思いをもって、多くの方が滝行を行っています。
滝行というと荒行のような気がしてチャレンジしにくいという方もいますが、やってみると本当に心も体も全て汚れがはらわれたような気持ちになり、非常に爽快な気分になります。