座禅 -Zen meditation-

座禅とは?

昔の子供たちは怒られると廊下に長い時間正座させられて、足がびりびりとしびれて立てない・・・なんて思いをしてきました。
子供にとっては長い時間同じ姿勢でいるという事は何よりの苦痛です。
悪い事をした時、じっと座って反省するということはとてもつらい事でした。

夏休み、お寺の御坊様のところに座禅体験をするなど、最近は座禅を行う事がひそかな人気となっていますが、みなさんは座禅をした経験があるでしょうか。
大人もじっと同じ姿勢でいるということは非常に辛いことで、頭の中を空っぽにして無の境地になりなさいといわれても、なかなかなれず、でもなぜか座禅をした後はすっきりと心が気持ちよくなっていたりします。

座というのは日本語で座るといういみがあります。
意味を調べてみると、座るとは、落ち着き動じない、静止、定着という意味がのせられています。
心を落ち付かせないとじっとしていることが出来ない、じっと静かにしていないと心を落ち着かせることが出来ない、心と体が一つになって座ができるのです。

禅とは何かというと、サンスクリットなどの音写で、禅那という言葉です。
この意味は静慮と漢訳できます。
ただこの言葉適訳とされないため、禅という言葉が利用されます。
心を統一地、座することで心身を統一する、それが座禅です。

座禅によって得られる効果

座禅を行う事によって得られる効果は、まず集中力を養う事が出来るという点です。
じっと座っていると色々なことが頭をよぎりますが、心を落ち着かせることに集中すると少しずつ心穏やかになっていきます。
しっかりと背筋が伸びた状態で丁寧に呼吸する事に心掛け、ゆっくり息を吸い、吐くという動作を繰り返すことによって次第に血圧なども安定してきます。
リラックスできる服装で締め付けるようなものを外してじっくりと毎日継続的に、一定時間座禅を行うなどすれば、次第に心を落ち着かせるためのコントロールが出来るようになっていきます。

お寺に出向き御坊様の前で座禅を組む、というのも心の安定を保つ方法となりますが、座禅のいいところは、場所を選ばず行う事が出来るという事でしょう。
自宅の中で静かに落ち着ける場所を選べば、どこでも座禅を行い精神的な安定を作る事が出来るのです。
経験や体験として、お寺で座禅を行うというのもいいでしょう。
その経験をきっかけとして自宅でも座禅を行ってみてはいかがでしょうか。

ストレスを解消する方法として利用者が増えている

現代人は忙しく心に余裕がない方が多くなっています。
友人関係や仕事の事、また家庭の事等に悩みをお持ちの方も多く、心のバランスを崩してしまっている方も少なくありません。
ストレスがある、心がギスギスしている、イライラしやすいという方は座禅する習慣をつけてみてはいかがでしょうか。