膝丸

膝丸は源氏の宝の1つ

源氏の重宝とされている髭丸と合わせて、こちらも重宝とされ、現在に至るまで名前を馳せているのが、膝丸(ひざまる)です。

平家物語の剣巻において、筑前国の三笠郡にいる、唐国の鍛冶によって作られたとされており、八幡大菩薩の加護を得て、髭切とセットで作られたとされています。
罪人を試し切りした際、髭丸は髭まで、膝丸は膝まで一刀両断したことから、この名前が付いたという説があるのです。
髭丸と膝丸はセットで作られた物の、その後別々の道を辿り、現在に至る所となりました。

膝丸の場合は、多田満仲から譲り受けた嫡子、源頼光によって使われていましたが、頼光が現在で言うところに、マラリアを発症した際の逸話があることが特徴的です。
頼光がマラリアを発症した際に、大入道が表れ、頼光に縄をかけようとしたところを、膝丸を使って切りつけ、追い払ったとされています。

逃げた大入道の血の跡を追いかけると、北野の大きな塚に消えており、その塚を崩した所、121センチにもなる大蜘蛛が死んでおり、そこから、刀の名前が蜘蛛切りと呼ばれるようになったそうです。

また義経記においては、義経の子供の頃、鞍馬寺でこの刀を授けられ、平家討伐の際にも鎧の下に持っていましたが、最後はこれで自害をしたとされています。

膝丸とされている刀はいくつかある

そんな膝丸ですが、紆余曲折様々な説が有り、実際の所、現存する膝丸はどの刀なのか、はっきりしたことが分かっていないとされています。
膝丸の可能性がある刀は全国各地至る所に存在していますが、有名な物としてあげられるのは、大覚寺所蔵の重要文化財、薄緑や、箱根神社所蔵の薄緑丸があげられるでしょう。

長さは87、6センチ、反りは3、72センチとされており、対で作られた髭切と、一見似た作りとなっています。
髭切と比べると現在のタイプがあいまいではあるものの、いずれの刀も非常に輝きを放ち、古備前風の雅な作風が示されている点が、特徴と言えるでしょう。

大覚寺伝来の薄緑に関しては、伝来記によると、剣の巻のその後、曽我五郎から召し上げた物が大友能直に渡り、能直の十二男、田原泰広に渡ります。
その後天正時代に突入し、十数代の孫である田原親貫の嫡子、親武にまで受け継がれた後、その娘の経子にたくされ、嫁いだ先の西園寺公益、西園寺家に持って行かれた流れとなっています。

そして、1684年に、道恕大僧正が大覚寺に持っていったことから、現在の、大覚寺に納められる事となったと伝えられているでしょう。

こちらも諸説あるものの、非常に様々な人の手を渡り、現在に至るとされている点が特徴です。
個人差はあるものの、大学時伝来説を推している方は多いといえるでしょう。

髭切

源氏の重宝髭切

源氏の重宝として知られている太刀、髭切(ひげきり)。
別名、髭切丸とも呼ばれており、名前の由来については、主に二説あるとされています。

1つは、平治物語の説です。
源義家が奥州の安倍氏討伐を行う際に、この刀で捕虜10人の首を切ったとされていますが、その10人がいずれも髭もろとも首を落したとされたことから、髭切の名前が付けられたという説になります。

その後、この髭切は源頼朝によって、美濃の青墓の長者、大炊に預けられましたが、頼朝が平治の乱に敗北し捉えられ、難波経家に大炊の元にある事を伝えると、大炊は髭切を偽証。
泉水の太刀と中身をすり替え経家に渡し、頼朝が髭切に相違ないと偽証した事から、そのまま平清盛によって秘蔵され、朝廷に献上されたとされています。

その後本物に戻るまでも諸説ありますが、いずれも確証の無い仮説とされ、実際の所、どの様な流れで戻ったのは謎といえるでしょう。

もう一つは剣巻の説と呼ばれています。
こちらは多田満仲が日本の鍛冶に、自身の刀を作らせたところ、中々思うような物を得られず、筑前国三笠群土山に居た異国の鍛冶を京都に呼んで作らせたところ、満足いく刀が完成。
刀を作る際に鍛冶が八幡大菩薩に祈り、60日間をかけて打った二振りのうち一刀が、髭切とされています。

刀の切れ味などを試す際に、一刀はあご髭もろとも切り落とした事から、髭切と名前が付けられたといえるでしょう。
髭切はその後、源頼基の嫡子である、源頼義の子、源義家へ伝わり、義家が一条戻橋で鬼の腕を切ったことから、名前を鬼丸と改めたとされています。

このように、髭切には主に2つの名前の由来があり、どちらの場合も、あまり穏やかな由来ではない点が特徴といえるでしょう。

国の重要文化財としてその名を残している髭切

そんな髭切ですが、現在は国重要文化財と指定されており、北野天満宮に保管されています。
刃の長さは84、4センチ、反りは3、6センチとほとんどなく、大ぶりで有りながら、そのシャープで凜とした佇まいが、髭切、鬼切の名にふさわしいとされています。
太刀銘国網(名物:髭切・鬼切)とされており、現在に至るまで、その姿を現存させているといえるでしょう。

剣巻説ではこの髭切ともう一刀作られていますが、もう1つは膝丸と命名され、こちらも歴史的重要な遺産として、現在に至るまで名を馳せていると言われています。
試し切の際に膝まで切り落としたとされている事からこの名が付き、髭切と同じように、あまり穏やかな名前の由来では無いといえるでしょう。

このように、髭切、鬼切は、由来が物騒ではありますが、その何ともいえない神々しさは人々を魅了し続けて居ることで知られています。

小烏丸

刀工天国作の日本刀小烏丸

奈良時代末期から平安時代中期に作られたとされる、平家一門の家宝、小烏丸(こがらすまる)。
刀工の天国(あまくに)作として伝えられている日本刀で、小烏と呼ばれる事もあります。

そんな小烏丸ですが、刀の名前の由来については諸説あり、主に、3つの説が濃厚であるといえるでしょう。

1つ目は、“鳥持参説”と呼ばれる説で、桓武天皇が南殿に出御した際に、鳥が一羽飛んできて、笏を招くと降りて来たとされています。
鳥曰く、伊勢大神宮からの使いとして参ったとのことで、翼の下から一振りの太刀を落し、そのことから小烏と名付けられたと言う説です。

2つ目は兜の飾物説と呼ばれており、939年、平貞盛が平将門討伐に向かう際に、朝廷より拝領し、戦陣に赴いたとされています。
その際に、将門は兵法をもって八人の影武者を置き、分身したのですが、その際に、兜の天辺に小さな鳥の像を付けている一人を切ったところ、将門本人も切られたとのことです。
この際、小さな鳥を切ったことから、小烏と名付けられたという説になります。

そして3つ目は、小韓鋤説です。
韓国から渡った剣のことを韓鋤(からさび)と呼びますが、日本書紀ではさびをサヒと読ませ、これが転じてシとなり、こからさび、コガラシ、小烏になっていったのでは無いかと言う説になります。

いずれも確かな確証は無くあくまで一種の仮説という扱いを受けておりますが、これだけ色々と夢がある説を持つ刀は、小烏丸の他に無いといえるでしょう。

平家伝来の刀として皇室御物とされている

小烏丸は現在、平家伝来の小烏丸として、外装と共に、宮内庁の国立文化財機構で保管されています。
皇室御物として認定されており、非常に価値の高い歴史的財産として、現代に至るまでその姿を残しているといえるでしょう。

刃の長さは62、8センチ、反りは1、2センチと、非常に小ぶりな刀として知られており、小烏丸、と言う名を表していると捉える方も少なくありません。
上半身はほとんど反りがなく、後生の日本刀と違って、刀身のほぼ真ん中に鎬があることも、小烏丸の特徴的な部分といえるでしょう。

最大の特徴は、切るよりも刺す事に徳化している点とされ、その点も、当時の刀としては珍しくあったとされています。
余談ですが、現在の外装は、当時の物と異なり、文献を参考にして作り直された物と見られており、心なしか新しいと言えるでしょう。

小烏丸以外にも、鋒両刃造の太刀は御物の中にいくつか現存していて、当時の刀工が、研究の為に写しを制作していたのでは無いかとされています。
ですがそれらの写しに比べてもやはり質の高さが極めて高く、多くの愛刀家達を虜にしてきたといえるでしょう。

江雪左文字

左文字の在銘太刀である江雪左文字

南北朝時代初め、筑前の刀工、左門によって作られた日本刀が、江雪左文字(こうせつさもんじ)です。
左文字の在銘太刀として、現在唯一とされている作品で、非常に価値の高い刀として、多くのファンを魅了してやまない事で知られています。

そんな江雪左文字ですが、北条家の家臣であった板部岡江雪斎から秀吉へ、秀吉から徳川家康に献上されたとされており、以降、徳川家と共に歴史を歩んできたとされています。
家康からは末子の頼宣に与えられ、頼宣は江雪左文字を持ち、大坂の両度の役に参加したとされ、その後紀州徳川家に伝わり、以降、徳川家代々の重器として重宝されてきたといえるでしょう。

刃の長さ78、2㎝、反り2、7㎝、身幅広く、切っ先は中切っ先伸びるとされ、刃文は、大乱れに足入ると表現されるように、敢えてまとまりの無いように作られた大胆さが特徴とされています。
拘らないからこその大胆さ、品の良さ、剛毅さを合わせ持っているとして、現在に至るまで、非常に秀逸な作品と判断される事が少なくありません。

国宝指定されている江雪左文字

紀州徳川家に渡った後、1951年に、国宝指定されることとなった、江雪左文字。
現存する左文字作品唯一の作品として、現在では、広島県のふくやま美術館に寄託されています。

一度見たら忘れることが出来ないその堂々たる出で立ち、剛毅さは非常に印象的で有り、正に、徳川家に伝来されるにふさわしい刀であったとされています。
もちろん力強さのみならず、金筋かかり、輝かんばかりの美しさ、匂口、明るく冴える所は、他の刀に負けない、左文字作品にふさわしいとされる刀といえるでしょう。

南北朝時代の初期に作られたことも有り、まだ鋒が延びきっていない、重ねもそこまで薄くないことから、延文、貞治型に移行する、一歩手前の姿態と考えられています。
いずれにせよ、その磨き抜かれる前の荒削りな部分が美しく、より左文字作品の価値を上げることに繋がった一刀といえるでしょう。

余談ですが、大名家に伝えられた名品とあって、当時、そう簡単にはお目に掛かることすら出来なかった一品ですが、長賀翁が内務省の仕事で、国宝指定の審査に訪れて、拝見した時の事。
非常に重要な伝来品として、刀を手に取ることは許されず、お刀掛けに白い羽二重がかけられた状態で、裸の刀が置いてあり、触れること無く鑑定したという逸話もあります。

鑑定士として当時右に出る者は居なかったとされる程の有名な長賀翁ですら、実際に触れることが出来なかった。
そこまでの徹底した厳重体制を強いていたからこそ、江雪左文字は、国宝指定される程の状態の良さをキープしていたと考えられるでしょう。

姫鶴一文字

美しい名を持つ姫鶴一文字

上杉謙信や景勝の愛刀として伝えられ、現在、国の重要文化財として伝えられ続けているのが、姫鶴一文字です。
姫鶴一文字は、上杉景勝公御手選三十五腰の1つとして数えられており、1588年、押形本に掲載されたとされています。

美しい名前の所以には諸説有りますが、最も有力とされているのが、夢の説です。

当時、この刀を手に入れた謙信は、日頃使うには少々長すぎると感じたため、研師に磨り上げを命じた所、研師がその夜、夢を見ました。
夢には美しい姫君が現れ、「どうか切らずにお願い致します」と懇願し、翌日も、懇願をされ続け、名前を聞いたところ、鶴と名乗った所で、目覚めたそうです。

不思議に思った研師は、腰物係に相談をしたところ、腰物係も同じ夢を見たと言うことで、二人で謙信にこの話を行い、磨り上げが中止されたとされています。
夢の中で姫が鶴と名前を名乗った所から、姫鶴一文字という名前が付けられたという伝説が残されているのです。

余談ですが、この当時に比べると、現在の刀身が2センチほど短くなって居り、結局研いだという説もあると言われています。

他にも名前の由来として、刃文の状態が鶴の羽に似ている事から付けられたという説など、諸説あり、現在も真偽の程は定かではありません。

鎌倉時代作の太刀として重要文化財入り

そんな姫鶴一文字ですが、現在は、国の重要文化財として指定されており、指定名称、「太刀銘-(号姫鶴一文字)附黒漆合口打刀拵」とされています。

刃の長さは71、66センチ、反りは2、12センチと、比較的シャープな印象の刀として、姫と名が付けられるにふさわしい刀といえるでしょう。
二㎝ほど削られたとはいえ、その刀身の長さは健在で、当時では非常に珍しいタイプの刀として、重宝されていたとされています。

明治14年に、明治天皇が上杉家に立ち寄った際に、姫鶴一文字を気に入り押型を持ち帰った事から存在が世に広まり、現在は、国の重要文化財として指定をされています。
今もなお当時を彷彿とさせるその美しい佇まい、輝きは健在で、見る物を魅了する、姫と呼ばれるにふさわしい存在感を放っている点が特徴と言えるでしょう。

明治天皇は元々、無類の愛刀家として、伝来の名刀の閲覧をする事が趣味とされていましたが、そのなかでも特にお気に入りとされていたのが、この姫鶴一文字です。
その絢爛たる刃文がすっかりと気に入り、無我夢中になった結果、翌日の予定をキャンセルしてまで見入って居たという一説もあるとされています。

このように、偉人を無我夢中にさせるほどの強い魅力を話す、姫鶴一文字。
現在もなお、その美しさは現存し、日々磨かれ続けて居るといえるでしょう。